ホンダ R&P | 奈良の軽未使用車専門店 有限会社 TOPオート

奈良の軽未使用車(新古車)専門店 有限会社トップオート

スタッフブログ

ホンダ R&P

投稿日:2015/11/07

今回はR&Pのカスタムです。
ホンダR&Pは6V車なのですが、こちらはエイプ50のエンジンに載せ替えて12V仕様へと変更しています。
ただ、当店に入庫した段階では、R&Pのフレームにエイプのエンジンがただ載っているだけの状態でした。スイッチボックスや、チェーン、マフラー、ウインカーなど灯火系、いろいろと足りませんでした。
これを走れるようにして、さらにカスタムもするというなかなかの作業です。


こちらの写真はとりあえずうちにあったトゥデイのスイッチボックスを装着した状態です。スイッチボックスがないとレバーもつけれないのでとりあえずワイヤー・ケーブルの長さや取り回しを考えます。


ホイールの赤がいらんということで、塗装に出します。R&Pのホイールは、リムの左右分割、ドラム部分と3ピース構造です。



塗装に出している間、他を進めます。某オクで入手した激安社外品マフラーを装着します。


マフラーのステーの位置がやっぱり大変です。よりによって一番ややこしい位置です。
スウィングアームのシャフトと共締めすることにしましたが、直線上にキックペダルがあります。


なので、キックを避けてステーを作りました。黒く塗装して取り付けます。

仮付けしていたトゥデイのスイッチボックスでこのままいきます。
しかし、エイプのメインハーネスは6ピンカプラーですが、スイッチボックスは9ピンのカプラーです。
配線図、配線の観察をして、トゥデイのカプラーも6ピンにします。
一番の問題はウインカーの電源配線でした。エイプはバッテリーレス仕様のためかウインカーが前後交互点滅ですね。その関係でウインカーリレーも3ピンです。(前と後ろの電源を分けている)
トゥデイはもちろんバッテリーありますのでウインカーリレーは2ピンです。

悩んだあげく、スイッチを改造することはほぼ無理なので、ウインカーリレーを2ピン仕様に変更しました。(アイドリング時の電圧がおそらく足りません。)

そして余ったウインカーの配線を、ホーンにつなげて、ホーンをシート下に移設しました。

メインキースイッチもステーがないのでワンオフ作成しました。

メインキースイッチもシート下に移設して、ハンドル周りをすっきりさせます。

配線が一段落して、エンジンの始動も確認したところでホイールが塗装から戻ってきました。

めっちゃカッコいいです!色は、艶消しガンメタです!
渋いです!

塗装は、田原本町内の斉藤板金さんにお願いしました。ありがとうございます。
色は、R32スカイラインのガンメタをベースに、そのままだとちょっと黄色みがあって明るいので、赤みを増して黄色を飛ばすらしいです。そのおかげで渋く、かっこよく仕上がりました。


足元の色で、印象がぜんぜん変わってきますね。全体的に渋く締まりました。

あとは、ウインカー、ストップランプ、メーターなど保安部品が届き次第、取り付けて完成です!

4miniのカスタムもお問い合わせください。

〒636-0341 奈良県磯城郡田原本町薬王寺316-1 (有)TOPオート TEL:0744-34-0878

次の記事:へ  |  前の記事:

アクセスマップ


大きな地図で見る